常識と違う道

メールマガジン【からだ調律法】より

:: :: :: :: ::

【からだ調律法】vol.750『 常識と違う道 』

:: :: :: :: ::

こんばんは、大島です。

東京は、雨が降り始めました。

治療院から数分のところに、東京工業大学があります。

今日、東京工業大学の大隅栄誉教授がノーベル医学生理学賞を受賞されました。

おめでとうございます!

大隅教授の研究は、オートファジーという細胞の中でのたんぱく質分解の仕組みでした。

オートファジーは、資源のリサイクルに例えると・・

特に飢餓のような状態では、リサイクルが非常に強まるそうです。

オートファジーにより、細胞内はきれいな状態が保たれ、細胞内に侵入する細菌を排除する仕組みなどにも関わっているとのこと。

私たちの身体には、60兆の細胞が生きていると言われています。

細胞の中では、自然とリサイクルが行われている。

自然に治す力を、身体は持っています。

発熱、下痢、痛みなど、悪い現象と思われがちですが、細胞が身体が治ろうとしての現象とも考えられます。

もちろん、医療機関の受診が必要な場合、急を要する場合もあると思います。

しかし。

身体に起こる現象を、悪いものと考えるか?

細胞が身体が生きようとして、起きている現象か?

どう考えるかで、心身全体のバランスが変わっていきます。

例えば。

深刻な病気と診断されたとき。

どんな病気か?

予後は?

人に聞いたり、ネットで検索したりするかもしれません。

病気に関する情報を集めることも大切ですが、どうすれば身体が細胞が生きやすくなるか?

細胞が身体が生きやすくなる知恵も必要です。

からだ調律法では、どんな場面でも。

今ある身体を生かす知恵をお伝えしています。

頭で考える知恵でなく

身体が感じて見つける知恵。

今日は、前置きが長くなりますが、「頭で考える知恵」と「身体で感じる知恵」について

もう少しお話させてください。

先日、「バランスはり」というイベントを目黒区鍼灸師会の主催で行いました。

バランスパットで、不安定な状態を作り、シール状の鍼でバランスが変わることを体感できるイベント。

「バランス」というと、ほとんどの方が真っ直ぐ立とうとします。

私たちには、「バランス=真っ直ぐ立つ」という常識があると思います。

しかし。

安定して立つことを目標にすると・・

真っ直ぐでなくてもいい。

手足を、ゆっくりと自然と動く方向を見つけていくと・・

思わぬ姿勢で安定して立つことができます。

真っ直ぐでなくても安定して立つことができると、呼吸も落ち着いて、楽しそうな表情になる。

私自身も同じですが。

頭で考えて、真っ直ぐ立とうとか、こうしなくてはいけないという考えがあるときには・・

心も身体も緊張状態になりやすい。

まわりが期待する姿を忘れる勇気。

心身が自由になると、自然と楽しい感じが出てきます。

私自身、頭で考えて、自ら自分を苦しめることがあります。

しかし、少しずつ自然と楽しい感じにも気づくようになってきました。

今日は、「まわりが期待する姿を忘れる勇気」を体験しましょう。

【からだ調律法】まわりが期待する姿を忘れる勇気

片足でバランスよく立つ。

「バランスよく立つ」と言われると、真っ直ぐに立つイメージがあると思います。

目標は、より落ち着いて心地よく立つこと。

真っ直ぐに立つという常識がなくなると・・

より落ち着いて、心地よく立つ姿勢が見つかります。

私たちの心身は、常に変化しています。

そのときそのときで変わる心地よい姿勢を見つける体験です。

心地よい姿勢は、常に変化します。

常に変化する身体。

全身が連動しています。

では実際に、体感していきましょう。

もし、立てない場合は、座った状態でも、寝た状態でも体感することができます。

まずは、床についている部分へ意識(注意)を向けます。

足の裏、お尻、背中など

身体のどこが、床に触れていますか?

立った状態なら、足の裏が、床に触れていると思います。

片足をあげると、身体は安定しますか?グラグラと不安定になりますか?

あげた片足を、どんな方向へ向けると、身体が安定するでしょう。

両手は、上下左右前後、どんな方向へ動きやすいですか?

身体は、真っ直ぐでなくて大丈夫です。

変わった姿勢になるかもしれません。

両手、片足の向きを変えてみましょう。

身体の中へ意識が届くほど、より細かい動きで安定する姿勢を見つけることができます。

座っている、寝ている状態でしたら、顔の向き、両手両足の向きを変えてみましょう。

より心地よくいられる向きを見つけてみてください。

ほんの小さな動きで、身体を固めずに。

頭で考える正しさでなく、身体で感じる心地よさを目標にして。

ほんの小さなきっかけで、血液やエネルギーの流れがよくなります。

細胞が、身体が元気になる向きを見つける。

私たちの心身は、常に変化しています。

そのときそのとき起こる変化を生かして、自然と元気や楽しさが出る向きを見つけていきましょう。

そうは言っても、目の前のことで精一杯になるときもあると思います。

少しずつ少しずつ、身体の変化を体感していきましょう。

身体の変化を、どう解釈するかで、心身のバランスも変化していきます。

心身の痛みや苦しさで、つらいときもあるかもしれません。

痛みや苦しさに向き合うことも大切ですが、痛みや苦しさと向き合いやすくなる場所、向きを見つけることも大切です。

【からだ調律法】では、心身がより楽になる知恵、痛み、苦しさと向き合いやすくなる知恵をお伝えしています。

体験、体感を通じて、日常の中で生かしていただけると・・

嬉しいです。

では・・

おやすみなさい。

<お知らせ>

☆からだ調律法の体験を深めるワークショップ(しま治療院にて)

日曜2Hワークショップin東京(10月11日13~15時)水曜2Hワークショップin東京(10月19日20~22時)

『身体は、自然と動く~揺れる身体』『家庭で出来る手当てヒーリング』など

参加される皆さんのご要望、状態により、内容は毎回変わります。

参加費 3000円

お申し込みは、こちらからお名前と、連絡先をお知らせください→ooshin77@gmail.com

☆脈診ワークショップ~脈診とは、脈の硬さ、波形などから、気の流れを推察する診法。

医師、鍼灸師などの有資格者だけでなく、身体に触れる仕事へ従事されている方、セルフケアにも、おすすめできる『身体の見方』

10月12日(水)19:30~21:30 しま治療院にて

参加費 3000円

お申し込みは、こちらからお名前と、連絡先をお知らせください→ooshin77@gmail.com

■メルマガ『からだ調律法』のご登録、解除は、こちらからできます→http://mobile.mag2.com/mm/M0083727.html

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

身体は、常に変化し、身体全体が連動しています。感じ方、身体の変化は時によって変わります。

ですので、状態によっては検査、治療、薬などの選択肢が必要な場合もあります。

ただ、どんな状態であっても、身体の中で『変化のきっかけ』が見つかるよう綴っています。

【指圧・はり・からだ調律 しま治療院】
東京都目黒区緑が丘3-2-1(東急大井町線/緑が丘駅徒歩0.3分) 03-3718-8376
http://wwww.o-coach.com メール ooshin77@gmail.com
鍼灸師・からだコーチ 大島真一

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です