小児はり(小児鍼)

小児はり

小児はり

小児鍼(小児はり)は、関西地方を中心に、江戸時代から行われている治療法です。

方法は、皮膚を金の棒で擦ります。小児はり治療を横で見ている親御さんは、
こんな方法で何が変わるのだろう?
こう思われるようです。

1、2回の治療で、大きな変化が生まれる場合もありますが、人それぞれ、変化していく様子は違います。そこで、自宅で出来ることなども、お子さんの身体を診てお伝えしています。

癇の虫、夜泣き、喘息、アトピーなどのお子さんが小児はり治療に来院されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です