からだ調律法とは

自然治癒力が高まる状況を作る【からだ調律法】

『からだ調律法』は・・
自らの喘息、腰痛などの体験、鍼灸師としての臨床体験(約15年)から
見つけた知恵をまとめたものになります。

病名に関わらず
自然治癒力が高まる状況を作る『セルフケア法』です。

『からだ調律法』は、どんな方法か?

意識の向きが変わると・・
身体の中で自然と起こる心身の動きが変わる。

意識の向き、どこに注意が向かうかで
血流が変化し、筋肉の緊張度が変わり、全身の状態が変化しています。

『からだ調律法』で体験を深めていくと
身体の中へ意識が届くようになり、ほんのささいなことで
全身が変化していることを、実感できるようになってきます。

『意識の向き』

どこに意識(注意)が向かっているか?
改めて日常の中で、自然と意識が向かう方向(向き)に
注目してみましょう。

自然治癒力が高まるヒントが
少しずつ見つかってきます。

 

病気が現れる前、病気になったときほど
心身の苦しさを感じられると思います。

苦しさ、痛みは、とてもつらいものです。
しかし、苦しさを生かすことができます。

 

【からだ調律法】で体験を深めていくと
身体の中に意識が届くようになる。

身体の中に意識が届くほど
痛みや苦しさを感じても、安心感があり

痛みや苦しさを感じながら、心身が楽になる体験が
きっと出来ると思います。

 

心身には、今までの記憶があります。
日常の中では、同じような現象が繰り返されることもあるかもしれません。

新たな体験を重ねることで
今までの記憶(癖)を生かしつつ
新しい神経回路、新しい癖が作られていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です